アロマでリラックスしよう

カモミールジャーマンについて

使用時の注意点 使用時の注意点 はコメントを受け付けていません。

精油は正しく使えば心身に良い効果が期待でき、我々にとって非常に有効なものです。精油を安心・安全に使うためには、いくつかの注意点があります。
                                                                            

精油の原液を直接皮膚に塗らないよう注意が必要です。もし誤って皮膚に付いてしまった場合は、すぐに大量の水で洗い流しましょう。目にも入らないよう注意が必要です。もちろん、飲むこともできません。
肌に塗布するなど皮膚から精油成分を吸収させる場合は、必ずオイルなどで希釈して使います。しかし希釈しても使えない方もいます。まずは妊娠中の方です。妊娠時は体調の変化があり、普段より体が敏感になっています。また、特に妊娠初期には、使用する精油によっては流産を促す成分が含まれる場合もあります。妊娠中にすべての精油が使えないという訳ではありませんが、自己判断はせず、信頼できる専門家に相談するとよいでしょう。
次に、パッチテストでアレルギー反応が出た方です。これは説明するまでもなく、広範囲に使用すれば大変なことになると想像できます。普段からアレルギー体質だと自覚のある方はもちろん、そうで無い方も、安全のためパッチテストは必ず行いましょう。
その他、3歳未満の乳幼児には使用できませんし、3歳以上の子供やお年寄りには、通常より濃度を薄めて使用するようにします。
少し話がそれますが、消臭スプレー等として、人体意外に精油を利用する場合にも注意点があります。
例えば、オレンジのように色のついた精油の場合、カーテンやカーペット、シーツなどの布にシミができてしまう場合があります。目立たない場所でテストしてからの使用がおすすめです。
注意点を守り、安心安全に精油を利用しましょう。

アロマオイルを購入する場合のポイントとは アロマオイルを購入する場合のポイントとは はコメントを受け付けていません。

アロマオイルとは、植物由来の天然香料や精油・合成香料を、用途によりアルコールやキャリアオイルと呼ばれる植物油・鉱物油などで希釈した製品を言います。
                                                                           

これらは、香水や化粧品、食品添加物、ポプリなどに利用されています。また、このように香りをな楽しむだけでなく、その香りに含まれる様々な作用によりリラックス効果を与えるものもあり、マッサージをする際にアロマオイルを少量を体に塗ってから施術したりもします。このようにアロマオイルには、美容や健康効果もあるのです。
アロマオイルと呼ばれている物には、天然成分100%のものからそうでないものもあります。また原産国・抽出部位・学名によっても区別できます。こうした区別によって金額も大幅に違ってくるのです。アロマオイルの購入を考えている方には、100%天然成分か、学名・原産国、抽出部位・適性の価格であるのかをしっかり、見極める必要があります。またアロマ成分を抽出する際に抽出方法を瓶にしっかりと明記されているかも重要であり、そのオイルを入れる瓶も、遮光瓶を使用しているのかも見る必要があります。そして、金額が平均価格で販売されているかも重要です。
天然成分100%のアロマオイルになると、少量でありながらも金額はかなり高価なります。しかし、その1度の使用で効果を期待されてもいます。

アロマオイルとブレンドする場合について アロマオイルとブレンドする場合について はコメントを受け付けていません。

アロマテラピーというのは植物の持つ香りや有効成分を利用して、精神面での効果を得たり、健康な体を維持する、スキンケアに活用して美しい肌を保つなどに役立てることです。
–¼Ì–¢Ý’è-2                                           
人は日々の生活の中で様々な種類のストレスに囲まれて生きています。仕事上のストレス、職場の人間関係、家事や育児、夫婦間のトラブルなど、女性の社会進出が進むとともにストレスの質自体も以前よりもずっと多様化していると言われます。アロマテラピーという言葉がなかった時代から人は植物の持つ力を活用し、薬草で傷を治したり、森林浴でリフレッシュしたりといった知恵を持っていました。アロマテラピーには植物から抽出したオイルを活用します。自分の好きな香りが見つかったら、今度は複数の香りをブレンドして使用すると香りの幅がぐんと広がります。そしてブレンドする際に加えるアロマオイルの量のバランスでも香りは微妙に変わります。例えばさわやかな柑橘系の香りのオレンジやレモンと華やかなフローラル系の香りのラベンダーやローズをブレンドしたり、オリエンタル系のエキゾチックな香りのイランイランやサンダルウッドを組み合わせることで香りの雰囲気も全く変わり、相乗効果も期待できます。まずは自分の好きな香りを組み合わせていろいろと試してみるのがお勧めです。

定番の使われ方について 定番の使われ方について はコメントを受け付けていません。

化粧品の効果を最大限に発揮するには、定められたとおりに、定番の使用方法を守ることが大切です。
                                                                                          

例えば、スキンケアの際には、清潔な手に洗浄剤をたっぷりと泡立てて、こすらずに優しく洗顔をします。手が汚れていると、洗浄剤が泡立たないので、必ず手の汚れは石けんで落としておきます。肌の角質層は大変デリケートなので、こすると簡単に剥がれ落ちてしまいます。角質層を失った肌からは、水分や栄養分が蒸発してしまうので、決して肌をこすってはいけません。そのためには、たっぷりの泡で優しく包み込むように洗う必要があります。指の力ではなく、泡の力で汚れを落とすので、洗浄剤は決められた使用量をきちんと守って、たっぷり泡立てる必要があるのです。ヘアケアでは、頭皮の汚れをしっかり落として、トリートメントで油分を補い、髪の毛を保護してあげることが大切です。お風呂に入ると頭皮の毛穴が開いて老廃物が流れやすくなるので、入浴して十分に身体を温めてからシャンプーをします。この場合も、顔と同様に、たっぷりの泡で、優しく頭皮をマッサージして洗います。顔の肌も頭皮も同じ一枚の皮膚なので、どちらもこすらずに泡の力で洗うのです。シャンプー後は十分にすすいでから、トリートメントをよく馴染ませて軽くすすぎます。このように基本の使い方を守ることで、美しい肌と髪を保つことができます。

お肌への効能 お肌への効能 はコメントを受け付けていません。

カモミール・ジャーマンには抗炎症効果や抗ヒスタミン作用があるアズレンが含まれています。
テクスチャー18
アズレンは濃青色の結晶で、お肌にも効果的なことから、多くの化粧水などに利用されている成分です。粘膜の修復を助け皮膚の再生を導く効果があることから、やけどや湿疹といった外傷のほかにも、胃炎や結膜炎などの幅広い部位の症状に利用されています。鎮静作用もあるため、炎症や乾燥などに伴うかゆみを抑える効果があります。そのため花粉症対策の目薬などにも利用されています。カモミール・ジャーマンの化粧水は抗炎症作用が高いので、乾燥からくるカサつきやかゆみが起こる敏感肌に効果的です。また殺菌効果や消毒作用があるため、ニキビなどの吹き出物に悩む方にもおすすめです。抗ヒスタミン作用もあることからアトピーやアレルギーを持つ肌にも効果的とされています。手作り化粧水を作る場合には、精油のほかにもフローラルウォーターを利用する方法もあります。フローラルウォーターは芳香蒸留水とも呼ばれ、蒸留法によりオイルを抽出する際に出た水分のことで、化粧水作成のときに水と分離したオイルが肌に直接つくこともなく、成分が水にしっかり溶け込んでいるので、安心して利用することができます。

身体面への効能 身体面への効能 はコメントを受け付けていません。

カモミール・ジャーマンは、ヨーロッパでは民間療法として古くから使用されてきている植物です。
                                                                                      

主要成分のカマズレンにより、精油の色は濃い青をしているところが特徴です。カマズレンは、蒸留をする際に発生する物質で、炎症を抑えるという効果があることから、主にスキンケアにも利用されています。身体面への影響としては、抗炎症、抗ヒスタミン作用にすぐれていることから、炎症がひどい皮膚の再生や、かゆみに効果が期待できます。また、粘膜を保護して胃の壁を修復する作用や、消化促進作用があり、腹痛時や下痢などの症状を緩和することができます。また、通経作用があることから、月経痛の緩和や、月経の周期を調整することにも役立ちます。効果的な使用法のひとつとしては、入浴時や芳香浴、ヘアケアやスキンケアなどがあげられます。妊娠の初期には使用しないことが大切です。また、精油の色がしみになる場合もありますので、布を用いて使用をする場合には、注意が必要です。また、ブタクサやキク科のアレルギーを持っている方は、使用をする前にパッチテストをすることをおすすめします。注意点を守って、身体の健康促進と、美肌の維持に是非役立ててみてはいかがでしょうか。

精神面への効能 精神面への効能 はコメントを受け付けていません。

カモミール・ジャーマンのリンゴによく似た爽やかな香りには神経鎮静作用があります。
ピカピカ01                             
柔らかで温かみのある香りにはほかにも効能があり、風邪の症状の緩和やストレスなどの精神面での安らぎ、消化を助けて胃を健康にし、月経不順、冷え性、貧血の改善にも力を発揮するのです。

さらに女性に嬉しいのが美肌効果もあること。
乾燥肌や肌のトラブルの際にはハーブティとして体内から、お風呂に入れればしっとりとした潤いを肌に与えてくれます。
また、アロマテラピーとしてリラックス効果もあるので、精神面でも肉体面でも安らぐことができます。

そして万能と謳われるカモミール・ジャーマンには安眠作用もあります。
ティーンスプーン1杯のドライハーブをティーポットに入れて、熱湯で5分間蒸らしたらお好みで蜂蜜や砂糖、ステビアなどで甘みを出します。
ハーブティはそのままでも香りを楽しむことができますが、蜂蜜などを入れることによってより豊かで芳醇なハーブティに。
たっぷりとミルクを入れたミルクティにして飲めば、お腹の中からポカポカしてきて心地よい眠りにつけるでしょう。

日常の中で溜まってなかなか取れない疲れには、カモミール・ジャーマンにたくさん癒されてください。

主要成分カマズレンの働きについて 主要成分カマズレンの働きについて はコメントを受け付けていません。

学名は「母」や「子宮」を意味するラテン語から名づけられ、ヨーロッパ地方で古くから産婦人科系の民間療法として使われてきたカモミール・ジャーマンは、フルーティな香りが人気で、精油やハーブとして利用されています。
                                                                                   

主な芳香成分のひとつにカマズレンという成分がありますが、これは植物中には存在しない成分です。
花に含まれているマトリシンという成分が過熱することで分解されて、蒸留中することでカマズレンとなり、どちらも炎症を抑えたりヒスタミンを抑える効果があるので、炎症などの皮膚の疾患に対して効果が期待できます。
同じく炎症を抑えてくれたり免疫調整の効果が期待できるビサボロールや、鎮静にも効果があるβ-ファルネセンなども含まれていて、それらの相乗効果によるアトピーやアレルギーなどへの効果があります。
他にも、ストレスや不安などの負の感情を和らげ、安らかな眠りをサポートしてくれる効果や、粘膜の保護によって胃壁の修復や腹痛・下痢にも役立ちます。
女性の場合は月経痛緩和や月経周期の調整にも効果が期待できます。
カモミール・ジャーマンの精油はカマズレンによって濃い青色をしていることから「カモミール・ブルー」などと呼ばれています。