アロマでリラックスしよう

カモミールジャーマンについて

使用時の注意点

精油は正しく使えば心身に良い効果が期待でき、我々にとって非常に有効なものです。精油を安心・安全に使うためには、いくつかの注意点があります。
                                                                            

精油の原液を直接皮膚に塗らないよう注意が必要です。もし誤って皮膚に付いてしまった場合は、すぐに大量の水で洗い流しましょう。目にも入らないよう注意が必要です。もちろん、飲むこともできません。
肌に塗布するなど皮膚から精油成分を吸収させる場合は、必ずオイルなどで希釈して使います。しかし希釈しても使えない方もいます。まずは妊娠中の方です。妊娠時は体調の変化があり、普段より体が敏感になっています。また、特に妊娠初期には、使用する精油によっては流産を促す成分が含まれる場合もあります。妊娠中にすべての精油が使えないという訳ではありませんが、自己判断はせず、信頼できる専門家に相談するとよいでしょう。
次に、パッチテストでアレルギー反応が出た方です。これは説明するまでもなく、広範囲に使用すれば大変なことになると想像できます。普段からアレルギー体質だと自覚のある方はもちろん、そうで無い方も、安全のためパッチテストは必ず行いましょう。
その他、3歳未満の乳幼児には使用できませんし、3歳以上の子供やお年寄りには、通常より濃度を薄めて使用するようにします。
少し話がそれますが、消臭スプレー等として、人体意外に精油を利用する場合にも注意点があります。
例えば、オレンジのように色のついた精油の場合、カーテンやカーペット、シーツなどの布にシミができてしまう場合があります。目立たない場所でテストしてからの使用がおすすめです。
注意点を守り、安心安全に精油を利用しましょう。

コメントを受け付けておりません。