アロマでリラックスしよう

カモミールジャーマンについて

カモミール・ジャーマンの主な芳香成分について

カモミール・ジャーマンの主な芳香成分は、セスキテルペン炭化水素類のカマズレン・β-ファルネセン・オキサイド類のビサボロールオキサイドA・ビサボロールオキサイドB・ビサボレンオキサイドになります。
ピカピカ03
カモミール・ジャーマンは、キク科の草木になりイギリスが原産になります。とても濃い青色をしていて、粘り気があり薬草のような香りがします。カモミール・ジャーマンの作用は、心を静める作用があります。ストレスや緊張・不安・怒りなどの感情を和らげる効果があるといわれています。リラクゼーション効果もあるので、安眠をサポートする作用もあり不眠症などにも有効といわれています。粘膜を保護する働きがあり、胃粘膜などを修復して消化機能を促進させて胃の痛みなどを緩和させる働きがあるといわれています。白血球の成長促進作用もあるので、感染症の予防効果などもあるといわれています。カマズレンは抗炎症作用や抗ヒスタミン作用があるので、皮膚のかゆみや炎症・肌荒れなどにも有効になります。月経周期を整えて月経痛などを緩和させるのに有効といわれています。カモミール・ジャーマンと相性が良いエッセンシャルオイルは、ゼラニウムやネロリになります。

コメントを受け付けておりません。