アロマでリラックスしよう

カモミールジャーマンについて

身体面への効能

カモミール・ジャーマンは、ヨーロッパでは民間療法として古くから使用されてきている植物です。
                                                                                      

主要成分のカマズレンにより、精油の色は濃い青をしているところが特徴です。カマズレンは、蒸留をする際に発生する物質で、炎症を抑えるという効果があることから、主にスキンケアにも利用されています。身体面への影響としては、抗炎症、抗ヒスタミン作用にすぐれていることから、炎症がひどい皮膚の再生や、かゆみに効果が期待できます。また、粘膜を保護して胃の壁を修復する作用や、消化促進作用があり、腹痛時や下痢などの症状を緩和することができます。また、通経作用があることから、月経痛の緩和や、月経の周期を調整することにも役立ちます。効果的な使用法のひとつとしては、入浴時や芳香浴、ヘアケアやスキンケアなどがあげられます。妊娠の初期には使用しないことが大切です。また、精油の色がしみになる場合もありますので、布を用いて使用をする場合には、注意が必要です。また、ブタクサやキク科のアレルギーを持っている方は、使用をする前にパッチテストをすることをおすすめします。注意点を守って、身体の健康促進と、美肌の維持に是非役立ててみてはいかがでしょうか。

コメントを受け付けておりません。